【2021年度スマホ】どのキャリアを選択すべきか

スマホ
この記事は約9分で読めます。
スマホのプラン変更を考える女
スマホのプラン変更を考える女

年末にdocomoがahamoという2,980円というプランを打ち出してきてから、SoftBankやauも同じような料金で次々にスマホプランを打ち出して来たけど、結局は今使ってるキャリアの安いプランに変更すれば良いのかしら?

楽天モバイルを3年使っているモグラ
楽天モバイルを3年使っているモグラ

住んでいる場所や生活スタイルにもよりますが、個人的には楽天モバイルがおススメです。今なら月額料金が1年間無料、更に楽天モバイルで購入する機種によっては、1月末の時点で最大27,000楽天ポイントと合計で最大62,760円の金銭的恩恵をほぼノーリスクで受け取る事が出来ます

2020年末にドコモが月額2,980円のahamoプランを打ち出してから、SoftBankとauも追従する形で新スマホプランを発表してきました。

ただ現時点では、大手3キャリアの新しいプランに移行する前に楽天モバイルを1年間無料で試してみて、微妙な場合は大手3キャリアへの移行を検討してみるというのが、いち消費者としては賢い振る舞いかなと思います。

そして楽天に移行した場合、

  1. 申し込みキャンペーンで最大27,000円相当のポイント。(契約だけの場合は7,000ポイント)
  2. 一年間月額料金無料(12か月×2,980円=35,760円)

と合計で、42,760~62,760円の金銭的恩恵をほぼノーリスクで受け取る事が出来ます。解約のデメリットもないので、試さない理由はないかと個人的には思います。

ちなみに私の楽天モバイルへの移行モチベーションは、無制限のテザリングと通話し放題でした(^^;

スポンサーリンク

4キャリアの比較表

表にまとめると、次のようになります。

キャリアahamo
(docomo)
SoftBank
on LINE
povo on au楽天モバイル
月額料金2,980円2,980円2,480円0~2,980円(*注)
月間データ通信量20GB20GB20GB1G~無制限(*注)
テザリング無料無料無料無料
通信エリア人口カバー率99%以上99%以上99%以上73.8%(拡大中)
5G通信対応対応2021夏対応対応
通話料金5分かけ放題
(それ以上は20円/30秒)
5分かけ放題
(それ以上は20円/30秒)
20円/30秒
(月+500円で5分かけ放題)
無制限
キャリアメールなしなしなしなし
契約対応オンラインオンラインオンライン店舗・オンライン
端末のセット販売ahamo専用サイト不明不明店舗・オンライン
申し込みキャンペーン3,000 dポイント
抽選で700名
なし未発表表下の箇条書き参照

楽天モバイルの申し込みキャンペーンを箇条書きにすると、

  1. 契約300万名までは、1年間月額料金無料。
  2. 契約で7,000ポイント還元。
  3. スマホを同時購入する場合、機種により最大20,000ポイント還元。

となります。

*注

楽天モバイルは、データ通信量で月額料金が以下のように変わります。

データ通信量月額料金
1GBまで0円
1GB~3GBまで980円
3GB~20GBまで1,980円
20GB以上2,980円

他3キャリアは20GBで2,980円(auはかけ放題を付けた場合)なので、実質1,000円楽天モバイルの方が安いと言えるでしょう。

また生活スタイルにもよりますが、自宅にwifi環境がある方は、1GB未満で0円を達成する可能性は十分あるかなと思います。

逆に一人暮らしの方は、自宅にwifi環境を設けずにスマホのテザリング機能のみで自宅のネット環境を賄えば、通信費を最大2,980円で済ませる事が出来ます

ただこれは住んでいるエリアや求める通信速度にもよるので、自宅のwifi環境を手放すのは、実際にある程度の期間試してみてからの方が良いでしょう。

私は都市郊外に住んでいますが、休日の夜間は受信6.3Mbps、送信6.7Mbpsでした。(21/1/30 20:00に計測)

それでは項目ごとに深堀をしていきましょう。

月額料金比較

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT) は2020年4月から始まったサービスです。

その後、大手キャリア3社が格安新プランを2020年末から2021年初に立て続けに発表しましたが、楽天モバイルの月額料金2,980円に合わせてきました。(auは通話の5分かけ放題を付けた値段)

これに対抗して楽天も、2021/1/29にデータ無制限一択からデータ使用料に応じて0円から2,980円にまで、段階的に月額料金が変更されるプランを打ち出してきました。

楽天モバイルは現在300万人まで一年間無料のキャンペーンを実施していますが、キャンペーン後も私は1GB未満の通信量、ようは無料で使い続ける自信があります。

月間データ通信量

楽天モバイルは段階制、それ以外は20GBで横並びとなっています。

ただ楽天は対象エリア外の場合は5GBを超えると、通信速度が1MBpsとなってしまいます

自宅にwifiがあれば5GBでも十分かと個人的には思いますが、楽天を検討されている方は、ご自身の月額通信量と楽天モバイル公式サイトエリアマップは確認しておいた方が良いでしょう。

ちなみに大手3キャリアは、20GBを超えると通信速度が1MBpsとなります。

ただ1Mbpsの通信速度があれば、youtubeで動画を見る位であれば問題ないレベルです。

テザリング

楽天モバイルは対象エリア内であれば月間データ通信量が無制限なので、wifiルーターの代わりとして使用する事が出来ます

記事であげた他社キャリアもテザリングは可能ですが、月間データ通信量は20GBまでなので、オンラインゲームや動画といった通信量が多い使い方をすると、ひと月は持たないでしょう。

特に一人暮らしの場合であれば、

  1. 楽天モバイル公式サイトでサービスエリアを確認する。
  2. 楽天モバイルに加入する。
  3. ひと月ほど試してみてテザリングで問題なさそうであれば、現在のwifi契約を止める。

といった節約が出来るかと思います。

家族でも全員が楽天モバイルであれば同じような節約は出来るかと思いますが、端末を接続し直したりと手間が発生する方向になるかなとは思います。

通信エリア人口カバー率

楽天モバイルは現在自社回線エリア拡大中の第4のキャリアなので、大手3キャリアと比べると通信エリア人口カバー率は低いです。

ただ日を追うごとに確実にカバー率は上がって行っているので、楽天モバイル公式サイト2021年夏以降の楽天回線エリアに含まれているのであれば、300万人(1年間無料)の枠が埋まってしまう前に契約してしまうのはありかもしれません。

大手3キャリアのサービスはまだ実際には始まっていませんが、ここに不安を持つ人はあまりいないでしょう。

5G通信

各社ともいずれは対応となっていますが、どのキャリアを選んでも日本の広い範囲で5Gの恩恵を受けられるのは、私が楽天モバイルの窓口で直接聞いた感じでは、2~3年はかかりそうな雰囲気でした。

当面は一部の大都市のみで利用可となりそうです。

なので5G対応のスマホを同時購入されるのであれば、自分が住んでいるエリアがいつ頃5Gに対応するのかは確認した方が良いでしょう

個人的には5G対応スマホはまだ高いので、次の2~3年後の買い替え時に検討するのが良いかと思いました。2~3年後にはスマホの値段もこなれて、かつ日本の広い範囲でサービスを受けられる状態になっているかと思います。

通話料金

月額料金2,980円で比較すると、楽天モバイルは無制限他社は5分は無料,それ以上は20円/30秒となっています。(auは5分無料を外す事で、月額料金を500円下げる事が可能)

LINEの無料電話で周囲とのコミュニケーションが完結しているのであれば、楽天モバイルの無制限は魅力的には映らないかもしれません。

ただよく電話をしたい相手がLINEを使えないのであれば、楽天モバイルの通話無制限はとてもありがたいかと思います。

私は両親がLINEは使えないので、楽天モバイルの通話無制限にはお世話になっています

キャリアメール

この価格帯でキャリアメールを期待してはいけないようです。

ただ今どきはgmailやyahoo mailをメインに使っている人がほとんどだと思われるので、問題とはならないでしょう。

逆にそうでない方は、これを機会にgmailのアカウントを作成するのが良いかと思います。

契約対応

各社経費を抑えるために、楽天モバイル以外は完全オンラインとなっています。

楽天モバイルは店舗対応をしているので、直接端末を確認したり、不明な点は直接相談しながら購入できるので、話が早く安心感もあるかなと。

私も最寄りの店舗に出向いて、直接端末を比較し、その場で不明点を確認しながら購入をしました。

端末のセット販売

楽天モバイルは動作保証をしている製品をオンラインや実店舗で購入する事が出来ます。また契約と同時に端末を購入すると、端末だけで最大20,000円相当のポイントバックを受ける事が出来ます。(契約まで含めると最大27,000円相当のポイントバック)

楽天モバイルでiphoneは販売していませんが、次の公式サイトを確認したところ、iphone XR以降は動作保証をしているように見えました。

楽天モバイル(楽天回線)でお持ちのiPhoneを使う | 申し込みからお受け取りまで | お客様サポート | 楽天モバイル
iPhoneやiPad端末が楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)で使える?使えない?デュアルSIM、おすすめの使い方、最新機種への買い替え、乗り換えや2台目をご検討中のiOSユーザの疑問にお答えします。

楽天モバイルへの移行を検討されているiphoneユーザーの方は、お手持ちの端末が動作保証をされているかを確認してから移行されるのが良いでしょう。(移行だけでも7,000ポイントを得る事が出来ます。)

大手3キャリアはサービスの開始が3月末という事もあってか、まだ正確なところは見えてきませんが、従来のサービスと差別化を図るために、動作保証端末を絞ってこないかが気になるところです。

申し込みキャンペーン

記事冒頭でも述べたように、楽天モバイルは契約300万人まで1年間月額料金無料のキャンペーンを行っています。

一方楽天モバイル以外で大きなキャンペーンはなさそうです。ahamoの抽選は難易度が高過ぎるでしょう。しかも3000 dポイント。。

大手3キャリアは安くするだけで人が集まるので、ここに力を入れる気はないかと思われます。

まとめ

冒頭で述べたように、現在のキャンペーン中に楽天モバイルに加入すれば42,760~62,760円の金銭的恩恵をほぼノーリスクで受け取る事が出来ます

リスクを上げるとすれば、通信の品質でしょうか。ここはやはり大手3キャリアに一日の長があるでしょう。それは楽天モバイル側もわかっているので、色々とキャンペーンを打っているのだろうなと思います。

ただ都市の郊外に住んでいる私が3か月使用した限りでは、通信の品質に不満を感じた事はないです。そして通信品質やエリア,サービスが改善されていく期待値も高いと思われます。

大手3キャリアは国の意向に逆らえず渋々と月額料金を下げた感がありますが、楽天モバイルはそれよりずっと前から月額料金を下げようと頑張っていたので、個人的には応援したいキャリアです

楽天が携帯事業に参戦しなければ、大手3キャリアの携帯料金は今も変わっていなかったかもしれません。

「そんなに言うなら、1年くらい試してみても良いかな?」と思えたら、楽天モバイルを契約してみてください。楽天SPUも上がるので、楽天でのお買い物もお得になりますw

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました